スワッピングのメリット

夫や妻、または恋人が自分以外の異性とセックスをするなんて想像できますか?
ほとんどの人がそんなこと考えたこともないかと思いますし、もし考えたとしてもそんな状況はとても耐えられないと答えることでしょう。
しかし、世の中にはそんなシチュエーションを好んで行う人もいるのです。
その状況が「スワッピング」なのです。
スワッピングとは、2組以上のカップルがお互いのペアを交換してセックスをするプレイのひとつです。

やり方はさまざまで、同時に同じ場所でカップルを交換してまるで乱交のように行なうこともあれば、時間と場所を変えて今自分のパートナーが知らない人とセックスをしているという異様な状況を愉しむこともあります。
スワッピング自体が一般的なセックスプレイから逸脱していることもあるので特に決まったルールはなく、シチュエーションは当事者たちが最も好ましい状況で行なえばいいのです。
浮気や不倫はパートナーに内緒で行なうもので、もしそれが相手にバレてしまうと精神的にも深く傷ついてしまうことも多いでしょう。
けれどもスワッピングはお互いの合意のもとに行なわれるので、そんな事態になることはまずありません。

もしパートナー以外の異性とセックスがしたいと考えている人がいるなら、パートナーを説得してスワッピングを試みてみることをおススメします。
スワッピングをしたおかげでマンネリ化していたり冷え切っていた夫婦関係が好転したという報告も少なくないのです。
世間一般的には異質な目で見られることの多いスワッピングですが、実はこのようにいろいろなメリットも多いのです。

スワッピングをするための説得について

スワッピングをすることは、そう容易なことではないでしょう。
特に女性である妻からすれば、自分が他の男性と肉体関係を持つことも躊躇うでしょうし、夫が他の女性と性行為をすることにも、大きな戸惑いを持つと思います。

大抵の場合、スワッピングをするかどうかは、夫の方から言い出すケースが多いです。
夫が妻に対して、スワッピングを提案するわけですが、もちろん説得するのも一苦労だと思います。

決して、スワッピングを強要することはできないですし、説得の仕方を間違えてしまえば、余計に亀裂を入れてしまうことになってしまいます。
そうなれば、もはや完全に修復ができない関係になってしまうのです。

したがって、スワッピングを提案するにしても、状況とシチュエーションをしっかりと見極めて、慎重に説得しないといけないのです。
突然夫婦交換を提案するのではなく、まずは軽い話題から入っていくのが望ましいでしょう。

最終的には、お互いが完全に納得できる状況になったのであれば、その時に初めてスワッピングを開始するのがいいでしょう。
どちらかに不安や抵抗を持ったままでは、上手くいかない可能性が高いですから。

そして、スワッピングを満足いくものにするためには、相手選びもかなり重要となってきます。
自分だけでなくパートナーのことも考えた上で、できるだけ最高の相手を選ぶようにしましょう。

スワッピングは、やり方次第では大きな効果を発揮してくれますし、夫婦仲を理想の状態にまで回復してくれることもあります。
しかし一方で、その逆もあり得るわけですから、魅力と危険の両方を兼ね備えているのです。

スワッピングでも大事になってくるコミュニケーション

スワッピングでは、お互い見知らぬ人同士が関係を持つわけです。
もちろん、中には最初から知り合いや顔見知りというケースもありますが、基本的には初対面なわけです。

そうなれば、当然ですが相手とのコミュニケーションは重要になってくるわけです。
スムーズかつ円滑にスワッピングを進めるためには、しっかりとコミュニケーションを取って、お互いのことを知った上で性行為をすることが大事なのです。

そうでないと、せっかくのスワッピングが味気ないもので終わったり、大した刺激を得られずに終わってしまう可能性があるのです。
それでは、スワッピングをする意味がありませんし、むしろ時間を無駄にするだけになりかねないのです。

それを避けるためには、ただセックスをするだけでなく、事前のコミュニケーションを欠かさないことが必要になってくるのです。
コミュ二ケーションを取ることで、どんなセックスをすればいいのか、どうすれば刺激を得ることができるかも見えてくるので、結果として充実したスワッピングを行うことができるのです。

したがって、自分がコミュ二ケーションを取ることも大事ですし、パートナーにもそのことをしっかりと伝えることが大事です。
できれば、実際にスワッピングをする前段階、すなわちお互いに顔合わせをする段階でも、ある程度コミュ二ケーションを取っておきたいところです。

ただ、注意しないといけないのは、あまり相手のことを深く聞き込んだり、必要以上に踏み込んだ会話はしないようにしましょう。
あくまでも割り切った関係なわけですし、スワッピングが終われば元の他人関係に戻るわけですから、プライベートまで色々と聞くことは控えるようにしましょう。

スワッピングでのトラブルを避けるために

どうしてもスワッピングというのは、他人同士が肉体関係を持つことから、トラブルになってしまうケースも多いです。
トラブルが起きてしまえば、さらに夫婦間に大きな溝ができてしまう可能性もあるので、ドラブルを避けるために行動をする必要があるのです。

まず、スワッピングを始める前に事前にルールを決めておく必要があります。
例えば、セックスをする時に関しても、やっていいプレイとやってはダメなプレイなどを、あらかじめ決めておくのです。

スワッピングで一線を超えてしまうと、相手に対して感情を抱いてしまう可能性もありますし、パートナーへの信頼感も失ってしまう可能性もあるのです。
ですから、特にセックスに関するルールは、入念に決めておく必要があるのです。

次に、見知らぬ相手と夫婦交換をする以上は、信頼できる相手を探さないといけません。
中には、完全に性欲を満たすことだけを目的とした人や、ストレス発散のためだけでにスワッピングをする人もいるのです。

そういった相手は、正直あまり信頼できるとは言えないので、同じように真剣にスワッピングに取り組んでくれる相手を探さないといけないのです。

そして、あまり長時間やりすぎてしまうのも、逆効果になってしまう可能性もあるので、2時間なり3時間としっかりと制限時間を設けるようにしましょう。
また、月に1回や2回までと、回数に関しても事前に決めておくといいでしょう。

あとは、常にパートナー同士がいつでも駆けつけられるように、すぐそばでスワッピングを行うようにしましょう。
万が一、パートナーに何か起こってしまった時に、すぐに対処できるような状況にしておくべきなのです。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.